私の大事なお気に入りはいつも左手に

 先日、腕時計を買い換えました。それまで使っていたものは、気に入っていたのですがベルトが壊れてしまったのです。私はいつも手首に腕時計がないと落ち着かないので、入浴の時以外はずっと付けたままです。そのため、どうしてもすぐにベルトが傷んでしまいます。そんな時、いつもならベルトだけ変えてまた同じものを使います。今は時計も性能が良くなっているので、ベルトや電池を変えればずいぶん長く使えて助かります。

 でも今回は、ちょっと気分を変えたいと思い、新しいものを購入しました。この数年は、黒や茶色のベルトに小さめの文字盤の時計にしていました。が、最近は視力が落ちてきたので、文字盤が大きいものにしようと探してみました。実は昔から腕時計を見るのが好きだった私。どうせなら今回は少しお洒落なものにしてみようと見ていると、今は色も形も豊富で見ているだけでも本当に楽しい。シンプルなものからブレスレット調の煌びやかなものまで幅広く、どれにしようか選ぶのにも時間がかかりました。

 その中で購入を決めたのは、文字盤が大きく数字が見やすい、ベルトの色が落ち着いたイエローのもの。私にとっては片時も手放せない腕時計。それだけに自分が気に入ったものを身に着けていると、気分も明るくなってきます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04